MENU

安さだけでなく、
確かな品質と満足度の高いお葬式を

大阪での葬儀・家族葬なら株式会社セレモニー寂光。
故人らしいオリジナリティ溢れる葬儀からご予算に合わせた内容の葬儀まで、
満足度の高いプランをご用意しております。
心を込めて故人をおくる、お手伝いをいたします。

よくあるご質問

葬儀に関することでよくいただくご質問を紹介させていただきます。

葬儀に関することでよくいただくご質問を
紹介させていただきます。

01.お亡くなりになったとき

  • 医師からの死亡診断書、寝台車の手配、役所への届出が必要です。
    まずは当社にご連絡ください。わからないことはアドバイスさせていただきます。

  • 病院などで亡くなった場合、法律により24時間経過するまでは火葬をしないことが定められています。
    故人の安置場所として、自宅・斎場・専用施設などがあがります。当社では「自宅に帰してあげたい」、「斎場や葬儀社に頼みたい」などのご遺族様のご希望に沿ってお手伝いをいたします。

02.ご葬儀のご準備

  • 遺影写真は必ずしもお一人で写っている写真である必要はありません。人物以外の背景は切り抜くことができますので、一番その人らしい表情の写真を選んでいただくと良いでしょう。
    ただし、あまり小さく写っている写真は引き伸ばした際に、ぼやけた写真になってしまいますのでご注意ください。

  • 以前は亡くなられたその日に通夜、翌日に葬儀・告別式というのが一般的でしたが、最近ではもう少し余裕を持った日程になっています。葬儀の日程を決める際には、火葬場・式場・宗教者の事情を踏まえ、ご家族にとってどのような段取りがよいか考えて決定していきます。

03.ご葬儀の当日

  • 香典返しは「忌明け」の法要後1ヶ月以内を目処に行います。(「忌明け」の時期は宗教によって異なります)
    香典返しの金額は、香典の3分の1から半分程度が一般的ですが、お通夜や葬儀の当日にお返し物をお渡しする「当日返し(即日返し)」の場合は、金額に関係なく全ての方に同じ品物をお渡しします。

  • 葬儀の日が友引にあたるとき、地域によっては火葬場が休みということも多く、注意が必要です。
    また、人によっては「友を引く」というニュアンスを気にされる方もいらっしゃいますので、配慮しながら決めるのが良いでしょう。

04.ご葬儀の後

  • 当社ではご予算に合わせたプランや、故人様のご意向に沿った葬儀内容など、お客様のご要望を踏まえてご提案いたします。ご希望をお伺いしながら過不足のないお見積りをいたしますので、後から予想以上の請求がくるという事は一切ございません。

  • 故人様が「国民健康保険」または「社会保険」の加入者の場合、お葬式を執り行われた後に手続きを行うことにより葬  祭費を受給できます。支給額は市区町村により異なり、1万円~7万円程で、申請期限は2年以内です。必要書類や申請方法は市区町村によって異なります。

© 株式会社セレモニー寂光